RSS | ATOM | SEARCH
安田 久理人 Biography
安田 久理人=やすだ くりと  と読みます。
患者様から名前の由来をよくお聞きいただきますので、今までの生い立ちをつれづれなるままに書いてみたいと思います。長くなりますが、ご容赦お願いいたします。

1974年(昭和49年)3月8日、徳島県徳島市の「後藤田産婦人科」にて安田家の次男として生まれました。3800グラム。B型。
前日、父 建三は飲酒運転にて車を半転、何針も縫う大怪我をしました(時効でしょうから許してやってください。申し訳ありません。生きてて本当によかった)。母 和美はそれに驚き、陣痛を起こしたようです・・・

当時(今もですが)、父は「荒野の用心棒」の主演、クリント・イーストウッドの大ファン。クリントと名付けようとしましたが、あまりにも奇抜すぎるので「栗人」と名付けました。役所に戸籍の届出をしに行きましたが、「栗」が当時の登用漢字に無かったらしく(真偽は定かではありません)、即興で「久理人」に変更したそうです。
兄の名前は 洋介(ようすけ)。きわめてまともな名前です。二人目なので気も楽だったのかもしれませんが、それにしてもイメージがずいぶん違う様な気がします・・・しょんぼりもちろん、今はこの名前をつけてもらったことに本当に感謝していますが楽しい

父 建三(けんぞう):昭和23年1月2日生まれ、母 和美(かずみ):昭和23年3月13日生まれ。2人は高校の同級生で、恋愛結婚したそうです。父は徳島市内の田岡病院( )にて、約30年間、放射線技師として勤務しています。趣味は知り合いの世話をすること。喜ばれることもあるでしょうが、迷惑なことも多いのではないでしょうか?無類のお酒好きので、たまにクダを巻いて荒れますが、そんなところも含め、尊敬しています。

母は専業主婦。昔は父とケンカをして泣いている姿も見ましたが、夫婦仲は(たぶん)とてもよく、今では力強い母となり父の口撃も軽々いなしています。安田家の財務大臣としての権力も着実に強くなっています。

私は2人兄弟です。先ほども出た兄、洋介(昭和46年8月7日生まれ)は香川県で番組ディレクターとして働いています。非常に忙しいらしく、あまり話をする機会もありません。最近会うこともほとんどありません。時期を見てゆっくり話すことができればいいなと思っています。
小学校の頃は兄の後をいつも追いかけて遊んでいました。兄の友人たちと一緒に遊ばせてもらい、いろいろと教わりました。ケンカが強く、それでいてやさしい兄。いまだに尊敬しています!


小学校(徳島市立城東小学校)のときはサッカー部に入っていました。今そのポジションがあるのかどうかはわかりませんが、左ウイングをしていました。雨の日も、冬の寒い日も、外で走っていたことを覚えています。
小学校6年生のとき、生徒会(児童会)の会長に立候補しました。みんなが推薦してくれたことと、小学生なりにいろいろと意見を発言したかったからだと思います。目立ちたかったのもあるかもしれません。
結果、見事当選し、1年間朝礼のときやことあるごとに人前で話すことになりました。コメントを覚えるのが本当に大変だったことを今でも思い出します。
中学(徳島市立城東中学校)に入ると、バレーボール部に入りました。小学校の6年生のとき、サッカーをしていて足の骨を折り、続けようと思えなかったからです。厳しい練習でしたが、忍耐強く頑張ることと、チームワークの大切さを学びました。ぴかぴかいろいろな場所へ、顧問の村上先生の車で連れて行っていただいたことも、いい思い出として残っています。身長は小さく、入学時、150センチ、卒業時も165センチくらいでした。スパイクは背が小さいため打たせてもらえず、つねにレシーブをしていました。

時代は平成に変わり、元年に徳島市立高等学校に入学しました(徳島ではみんなここのことは「いちこう」と呼びます。きっと今もこう呼ばれていることでしょう楽しいいちこうバンザイ!)。
やはりバレーボール部に入りました。身長がこの頃から伸び始め、166センチから卒業の時には180センチになりました。初めてスパイクを打てたときの喜びは今でも覚えています!
勉強・部活・課外活動・恋愛・・・楽しい思い出がたくさん残っています。卒業式前の各種授賞式の時には、見事市長賞をいただくことができました。

それぞれの学校のホームページを見るとやはり生徒数が減少していますね。少子化は今後もドンドン進むのでしょう(いちこうは、われわれのときは12クラスありました)。

医学部を目指して勉強していましたが、センター試験や、3年生のときにいろいろと考えた末、国立徳島大学歯学部に入学しました。
バレーボール部に入部し、勉強(殆どナシ?)・遊び・バイト・部活の日々を過ごします。
部活で本当に体を鍛えることができたと同時に、大学では(数々の?)遊びを中心として、いろいろな社会勉強ができたと思っていますぴかぴか6年間という社会人への執行猶予期間は、私の人生で本当に貴重な経験の数々として、今でも心の根本に息づいています。
そして、全国歯科学生総合体育大会(オールデンタルとわれわれは呼びます。関連ページ:顧問 山下先生の紹介ページ)において、5年生で全国準優勝(優秀選手賞受賞)・6年生で全国優勝(最優秀選手賞受賞)を果たし、大切な大切な思い出と素晴らしい結果を残すことができました。バレーボールを通じて得た、「やる前には頭でしっかりと考えることが大事」「考えたことは紙に書き出し必ず実行する」「やればかならずできる!」このゆるぎない気持ち、思い、自信を、私はいまだに持ち続けています!現在の臨床でも、この思いや気持ちが根底にあるような気がします。

国家試験も無事合格し、バレーボール部の先輩の勧めで、京都で治療をすることとなりました。
ともに診療に携わったドクター、スタッフ、皆様本当にいい方ばかりでした。初めて徳島を出た田舎者の私を、皆様心からサポートしてくれました。
いつも思うのですが、私は本当についています。ラッキーなのです。
周りの人に恵まれ、サポートしてくれます。今も頼りない私を、医院のドクター・スタッフたちは真剣に支えてくれています。かぶせをつくってくれる技工士さんたちも素晴らしい腕の方ばかりで、日夜真剣に患者様のため、努力を続けて頂いております。すべてのことにいつも感謝しています。

京都に来て2年目で、妻 麗子(れいこ)とも出会いました。昭和45年11月21日生まれ。私より3〜4歳年上です。しっかりしていて助かります。当時、私は25歳でしたが、早めに結婚してよかったのではないかと思っています。私生活ではあまり細かく決めないほうなので、あのままではダラダラと毎日を過ごしてしまっていたかもしれません。

26歳のとき、長男が誕生しました。伊吹(いぶき) 平成12年9月20日生まれ。
夜泣きや病気、一人で置いておけないこと(当たり前ですが、最初は戸惑いました)などなど・・・子ども1人を育てるのはナント大変なことかと愕然としました。親のすごさを感じた瞬間でしたびっくり

平成18年8月27日、32歳のとき、次男 朝陽(あさひ)が生まれました。4ヵ月後の12月末、細菌性髄膜炎で、1ヶ月入院しました。生死の境をさまよった瞬間もあり、本当にハラハラしたお正月になりましたが、無事退院し、現在は自宅で療養を続けています。

前後しますが、歯科医師としては四条河原町で数年間院長として診療を行った後、インプラントや歯周病、補綴をより専門的に学ぶため、牧草歯科医院や木津の長澤歯科医院などで多くの先生方からありがたい教えをいただきました。現在の臨床の礎はこのときのことが大きく関与しています。また、大阪歯科大学の解剖学講座にも専攻生として研究に携わらせていただいております。

現在も、インプラントや歯周病治療、予防歯科などの最新の知識、技術の研鑽を行うため、日本各地やアメリカ、ドイツ、ポルトガルなど、可能な限り研修を行い、日々努力しております。


以上、長々と書いてまいりました。
お読みいただき、本当にありがとうございます。

最後になりましたが、私はいままでに多くの患者様と出会い、ともに笑い、ともに泣いてきました。今後もたくさんの患者様と出会い、話し合えることを楽しみにしております。治療を通じて患者様から本当に多くのことを教えて頂きました。皆様、私のことを「先生」とお呼びいただいておりますが、私にとっては患者様お一人お一人が私の大事な大事な「先生」です。これは歯科医師になったときから今まで、全く変わりません。いい患者様と出会うことができ、やはり私は運がいいと思います。
このことにもいつも感謝しています。



author:安田 久理人, category:-, 07:27
comments(5), -, pookmark
Comment
安田医院に通院していた者です。
これまで歯医者というと、とても怖くて、なかなか
足が向きませんでしたが、安田先生やスタッフの方の丁寧で親身な治療のおかげで、通院が苦になりませんでした。そろそろ歯の検診を・・・と思い予約のお電話させて頂きましたが、かなり先までいっぱいとのことです。やはり素晴らしい病院は口コミで広がっていくものなのですね。また検診のほう、お願いします。
, 2007/06/11 10:04 PM
思わず全部読んでしまいました。今の安田院長を見て、なるほどと思うエピソードが沢山あって楽しかったです。
安田院長はズバリ・・・「素直な負けず嫌い」ですね(笑)
これからもよろしくお願い致します( ̄▽ ̄)
後藤有志, 2007/06/24 3:35 AM
先日、歯科検診をしていただいた妊娠8ヶ月の妊婦です。親切・丁寧な対応で感謝しています。夫の紹介で行ったのですが、家から徒歩圏内にこんな素敵な歯医者さんがあるなんて!!今後も夫ともども、よろしくお願いします。

あとブログちょいちょい拝見しております。奥様のブログも面白いですね。私もブログしているのですが、いや、かないませんわ。
laphroaig, 2007/07/03 2:29 PM
毎晩安田歯科医院様のHPを見るのが楽しみです。「再製」どちらが悪いのでしょうか?「ダンピング=技工同士の潰し合い」等、補綴物製作意外に悩む毎日です。安田先生と技工士サンの「信頼関係」羨ましい限りです!これからもブログ期待しています!
, 2007/07/05 2:28 AM
久理人先生の高校時代の親友です。今日は久理人くんの仕事ぶりを、わざわざ徳島から見学にきてみました〜。あの久理人がこんなに立派になってくれてうれしいです。じゃ、ちょっと飲みに行こうか。久理人!
平岡 寿文, 2007/08/25 7:56 PM