RSS | ATOM | SEARCH
オーラル フィジシャン
先日、山形でオーラルフィジシャン(Oral Physician)の最終研修会がありました。
4月から山形県の酒田市で行われていた研修に副院長の西杉先生、衛生士の山際とともにずっと参加してきました。

当医院ではすでに行っていますが、予防やメインテナンスに重点を置き、できるだけ歯を削らずに済む処置を行っていくことが、歯を守る上では非常に大事になってきます。

今回は土、日と2日間にわたって各自症例発表を行い、虫歯や歯周病のデータや治療前後の症例での比較を行いました。

何十年にもわたり酒田でこの方針を実施し続け、世界に今も飛び続けている、主催の熊谷先生から、最後にサーティフィケートをいただきました。

今後もオーラルフィジシャンとして、来院される患者様の歯の寿命を少しでも延ばしていくため、日々努力を続けていく所存です。

また、インプラントということを聞くと、歯を抜いてしまって結局歯の寿命を短くしているのでは、と考える方も少なくないとたまに伺います。実はそうではなく、しかたなく抜かなければいけなかった歯の代わりにインプラントはなってくれるのです。
たとえば1本の歯を失ったとき、手前の歯と奥の歯を削り、ブリッジにすればインプラントをせず、保険治療の範囲内で修復することはできます。ただ、問題のない歯をたくさん削り、なくなった歯の負担をそれらの歯に強いることになるのです。

患者様のご要望により、相談員をつとめさせていただいているインプラントラボも好評をいただき、多くのご質問をいただいております。インプラントについて、お悩みの方が多いことを改めて実感しております。

インプラントについてわからないことがありましたら、質問のメールをいただくか、電話にて直接医院までご連絡ください。

安田歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント歯周病センターを併設しています。他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
  インプラントのお問合せは
  京都インプラント歯周病センター 







author:安田 久理人, category:-, 06:52
comments(0), -, pookmark
Comment