RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
抜歯即時インプラント
最近、抜歯即時インプラントを手がけることが増えてきています。

先日、左下の犬歯と小臼歯を抜歯し、同時にインプラントを入れました。
もともと歯がなかったところと合わせて3本入れました。術後も腫れはあまりなく、痛みは無しに等しかったそうです。患者様には非常にお喜びいただきました。

また、左上の大臼歯が割れてしまっていたため、抜歯した方がおられましたが、同時にインプラントをすることができました。歯を抜くのに10分、インプラントを入れるのに10分、特殊な縫い方をしますので、縫合に15分かけました。抜いた後すぐにインプラントをすると、インプラントの周りに隙間ができることがありますが、GBRとメンブレンテクニックを行い、前述した縫合を行うことで、しばらくすればしっかりと骨とインプラントはくっついてきます。処置の早さに患者様も驚いておられました。

また、下の前歯が1本抜けかかっている方もおられました。この方はインプラントと同時にその日に仮歯もつけ、見た目も改善された状態でお帰りいただけました。非常に喜んでいただきました。

このように、抜歯即時インプラントは、従来のように歯を抜いてから治り待ちの時間を飛躍的に短くできる方法として注目されています。最近こうした相談も多く受けるようになりました。

患者様のご要望により、相談員をつとめさせていただいているインプラントラボも好評をいただき、多くのご質問をいただいております。インプラントについて、お悩みの方が多いことを改めて実感しております。

インプラントについてわからないことがありましたら、質問のメールをいただくか、電話にて直接医院までご連絡ください。

安田歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント歯周病センターを併設しています。他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
  インプラントのお問合せは
  京都インプラント歯周病センター 




author:安田 久理人, category:-, 01:05
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:05
-, -, pookmark
Comment